タグ:プラレール改造

気づいたら戻れないところまで引きずり込まれてたっていうシチュエーションって怖いですよね(唐突
今回はそんな沼と称される形式を少し前に作ったんで軽く紹介です
[画像:4a22706f-s.jpg]
キハ183です
数多くの形式、多彩な編成で多くの者を魅了し沼に引きずり混んでいったなんかすごいヤツです
軽くですが各車紹介しときます
[画像:a19566c0-s.jpg]
[画像:90fcd422-s.jpg]
キハ183-200
所謂スラントって呼ばれてる非貫通タイプの先頭です
車掌室を設置した車両と車販準備室を設置した車両の2種を製作しました
トレインマークはマグネット式で交換可能です
[画像:718e0fb5-s.jpg]
キハ182-0
フツーの中間車です
洗面所窓の埋め方で2種類作り分けてます
今回の作例は全車ポリカーボネードの窓枠を付けて比較的最近の車両をイメージしてます
[画像:2a4419f9-s.jpg]
キロハ182
普通/グリーンの合造車です
作るのにちょっと苦労しました
[画像:791f2399-s.jpg]
キロ182-0
キロハと比べると結構違います
今のところ編成組んで使えるのはこれらのみです
0番台しかいないので現行のオホーツク、大雪は組めません←
元々はサロベツやりたくて沼に水浴びしに行ったつもりでしたがN車もNN車もまだ作ってません()
作りたいものが山とあるのでいつ作るのかなんて分かりゃしませんが優先順位的には上の方なんで近い内に完成した姿を見せることができるかもしれないです

アホみたいに3連続でド深夜に更新したんでここでひとまず区切ります
では~ノシ

タイトルの意味は聞かないでください←
最近は活動場所がTwitterが主になりまた間が空く可能性が高いので意欲のある内に投稿しときます
最近485系の改造作品をよく見るのです
ワタクシも前々から485でなんかやりたいって思ってたのでやっちゃいました(適当
[画像:459e95a0-s.jpg]
まずは南福岡電車区に所属していたC60編成
この編成最大の特徴はボンネットのクハが181系からの改造であることです(クハ481-500って区分です)
151系から作りましたが車高を落としたりなんかしたりして大変でした
反対の先頭車のクモハ485-0も特徴的ですが
紹介するのはまたいずれ・・・
[画像:85c94b83-s.jpg]
続いてこちらは特急加越
小窓が並んだクロ480-2300がとてもセクシーです
今後も増えると思うので485系好きな人は首を長く伸ばして待っててくれたら嬉しいです
 伸ばし過ぎて脱臼とかされてもどうしようも出来ないので伸ばしてくれなくても大丈夫です
それではここらでおさらばします
ではノシ

多忙な訳でもないのに1年以上更新が空いちゃいました・・・
ここまで来るとプラレのことなら改造車ページだけにしてまとめちゃえって感じもしますが(
一回サボっちゃうと何でも続けるのが億劫になりがちですわ・・・

前置きはこれくらいにしまして
[画像:3d6b05e3-s.jpg]
今年の夏も例年通り開催された「プラレールひろばinちゅうおう」に参加してきました
今回もプラレーラー仲間に会うことが出来て楽しめました
[画像:6f5a0c25-s.jpg]
もちろん改造の方もマイペースでやってます
画像はこの記事を書く1時間ほど前に完成した681系サンダーバード用の付属編成です
他にも色々と作ってますが数が多いのであるけど中々ない暇を見つけて紹介したいところです
近いうちにまた更新したいと思います
今回はこの辺で~
ではノシ

タイトルからわかると思いますがこちらでは今年初の投稿になります(汗)
さてさて、2月前に開催されたプラレールひろばinちゅうおうに今年も参加してまいりました~
今回は「春の気動車祭」というプチ企画(?)がありましてレイアウトの一角に専用のスペースを設け参加者が持ち寄った気動車をズラッと並べました。
春の気動車祭

こんな感じでした~ たくさんの気動車が集まりとても賑やかでした。
ワタクシもこのテーマに合わせて今までに作った車両達と一緒に持ち込むためにいくつか気動車を製作しましたので紹介したいと思います。
運転会のレポ?そんなの知らねぇなぁ
国鉄形DC
まずはこちらの国鉄形の気動車達。左から1両ずつ紹介します
キハ52-125
キハ52-125 いすみ鉄道仕様
モノ自体は完成して標準色で落成していたのですが大きすぎた前面の窓を小さくするリメイクついでに塗装変更。(実はウチにタラコ色しか使える色がなかったのよね~)
標準色からタラコ色という実車と同じ変化を遂げる羽目にw
相棒のキハ28も作りたいところです。
キハ30-500
キハ30-500 こちらも前述の車とだいたい同じです。
最初の落成時はこの色だったので元に戻ったことになってますw
キハ45
キハ45 こちらは211系の後尾車から作成。 サクサクと作業を進めたら1週間ほどで完成!
初めて側面の入れ替え作業をやった車ですが形になってくれました。
アルカディア
キロ59、29 アルカディア 東海急行から作成。 今回のメイン作品としました。
以前同車を再改造したkenjiのことを調べていたらコイツの存在を知り惚れ込んだのが作成のきっかけ。
実車は火災による事故廃車で1年ほどで居なくなってしまいましたがプラレールでは長生きさせてやりたいです。
キロ29
中間車のお顔はこんな感じ。 実車は左右でタイフォンの形が違うのですが気にせず左右同じ形で作ってしまいました(汗) 気が向いたら直しますかねぇ 実際内側に入っちゃうから気にしなくてもいいのよねぇ~
キハ35-300
キハ35-300 211系から作成しました。 特徴的な車両でして前々から作りたいと思っていたを形にしました。
改造の手順はキハ30-500を参考にしました。 ライトの横のアンテナがチャームポイントです~
ドア跡つるつるー
ドアを封鎖した後もしっかり再現。納得がいくまで何度もパテ塗り→やすりがけを繰り返しました。
キハ65 シュプール&リゾートエーデル
キハ65 シュプール&リゾートエーデル 東海急行からの作成です。 今回のテーマ向けの密造品としました。
窓の角を丸めたり前面のオデコの丸みを付ける加工が大変でした。
先頭車の連結器カバーは脱着式で実物同様カバーの役割を果たしています。
特徴的なラインはシールで再現しました。 運転会でスタッフの皆さんのウケがよかったです。 やったぜ。
他のエーデルシリーズにも手を付けてみたいですが丸みのある展望室が問題です・・・

気動車の作品は以上の車両たちです。 気動車以外の作品は次回にでも紹介します。
本文が長くなりましたがまた次回。 ではノシ

タイトルの意味すること、それは・・・
プラレールひろばinちゅうおうまであと1カ月!
ということです。 はい。今回も設営から参加します。
それなのに持っていく予定の車両が10両近くも完成していない・・・
というすごぉーくヤバイ状況となっています(汗)
もう今日から急ピッチで作業ですよ~奥さん~(謎)
そんな訳で、自分への戒め?のような感じで製作中の車両をちょろっと公開しちゃいます!
製作中-1
製作中-2
製作中-3
製作中-4

なんだか訳の分らんものばかり写っていますが写真のとおり訳の分らんものばかり作っています(笑)
ちゅうおうまであと1カ月。 焦って雑な仕上がりになってしまっては元も子もないので丁寧に作業を進めていきたいです。
次はちゅうおうまであと1,2週間という頃になったら多分報告すると思いますので(大雑把)その日まで~

どうも~コンニチハ!
以前の投稿から少し間が空きましたね。
その間に新作ができたので紹介シマース!!
2014年6月14日岳南遠征 228
JR西日本の播但線で活躍するキハ41です。
キハ40鬼太郎列車をベースに切妻顔と側面をプラ板から製作しました。
2014年6月14日岳南遠征 227
側面はこんな感じです。 更新後の姿がプロトタイプとなっています。
2014年6月14日岳南遠征 226
もとからある方のお顔はテールライトや手すりがシール表現だったのテールライトとタイフォンを165系から、その他のパーツをプラ板からで気合、入れて、行きます!!作りました!
自分で言うのもなんですが結構できた方だと思ってます~
塗料もそれらしい色のものを探して塗りました。
チャームポイント(?)の「JR WEST JAPAN」のロゴはシールを作ることが出来ればよかったのですが生憎ワタクシにそのような技術が備わっていなかったので(汗)塗装でそれらしく再現してみました・・・
遠目で見ればそれらしく見えるでしょうか・・・?
いずれはシールを作って貼ってあげましょうかね~(いつになることやら・・・

今回は「更新車、播但線色」を作りましたが「未更新車、播但線色」と「更新車、タラコ色」も製作予定です。
馬車道?そんなの知らん(汗)
今後はこの製作技術を応用してキハ40、47、48を作りたいな~なんて考えてます。
というわけで今日はこのあたりで。 では~ノシ

 どうも、こんにちは。 知っている方は知っている(笑)ぺこりです。
 今までFc2の方でブログをやってましたがこれから先はプラレール関係のことのみをこちらで、プラレール以外の鉄道などのことをFc2の方で扱っていくようにしました!
 「プラレール関係のものは何かと画像の枚数が多くてややこしく(?)なりがちだから」と考え分割したのですがなんだか逆にややこしくなりそうです(汗)
それでも自分なりにガンバって投稿していこうと思っていますので、どうかよろしくお願いします!!
183系あずさ


↑このページのトップヘ